トップ

田舎で介護FC開業

田舎暮らしを成功させるには

介護ビジネスは田舎にピッタリ

地方出身の人の中には就職や進学を機に地元を出て、首都圏に暮らすようになる人が多いです。そういった人たちの中には、長年都会で働いていると、ふるさとに帰りたくなる人もいるでしょう。都会の慌ただしい生活よりも、自然豊かな田舎で働きながら生活をして行きたいと考えている人が少なくありません。

しかし、そのためには生活手段を確保しなければなりません。都会の暮らしでは車を持っていなくてもあまり困ることはありませんが、田舎暮らしでは車がないと困る場面が多いです。また自治会などにも入る必要があります。都会では隣近所の人とほとんど交流がないケースが多いですが、田舎では近所付き合いが盛んです。自治会に入らないと自分だけ孤立してしまうことになります。

そして、生活をするには収入が必要です。既に年金を受給している高齢者なら収入の心配いりませんが、40代くらいの人なら仕事を見つけなければなりません。田舎の地域の求人情報を見てみると、求人数自体が少なく、給与水準も都会と比べるとだいぶ低めです。田舎で職を探すことはかなり厳しいということが分かるかと思います。田舎で働くと聞いて、農業をイメージする人もいるでしょう。しかし、今まで都会で暮らしていた人が、田舎に移り住んで農業で生計を立てるのも厳しいのが現状です。初期費用がかなりかかり、ノウハウも必要でしょう。

そこで田舎にUターンするなら、介護ビジネスがおすすめです。田舎は高齢化が進んでいます。これからも、その傾向はより一層強くなるでしょう。一方で、介護ビジネスの利用者となるのは高齢者です。そのため、田舎で開業するなら、介護ビジネスがピッタリだと言えます。人口減少が進んでいる地域でも、高齢者だけは多いため、利用者が少なくて困るということはほとんどありません。高齢者の多くは介護を必要としているため、地域に貢献できる仕事として誇れるでしょう。